木に金属、という安心。

耐震構法

SE構法

優れた耐震性能 × 自由度の高い空間

両方を兼ね備えた最先端の木構造技術

SE構法は、信頼性の高い構造材と独自に開発したSE金物を用いた、木造ラーメン構造です。

ラーメン構造は、一般的な在来工法のような柱と壁で建物を支える構造ではなく、強靭に組まれた柱と梁で建物を支える構造です。筋交いや耐力壁を最小限に抑え構造躯体で耐震性を高められるため、大開口や大空間といった自由で開放的な間取りを実現することができます。

​SE構法が実現する多様な住空間

​ビルトインガレージ

狭小3階

持ち出し

木質感にあふれた木造の味わいを保ちながら、大開口や高い天井、自由な間取り、ビルトインガレージなど、多彩な空間を建築することができ、木造住宅での暮らし方の可能性を大きく広げます。

屋上利用

​大空間・大開口

吹抜け

屋根・小屋組

スキップフロア

あらわし

​SE構法が空間の自由度が高い理由

​1.立体解析による構造計算

建築基準法の特例により、ほとんどの木造住宅で構造計算が行われていません。ご存じのとおり、日本は地震大国です。住まい手の安心と安全を考えれば、構造計算がされていない住宅が存在すること自体、大問題です。

SE構法は、ビルや大規模建築物と同じように、大地震や強風、積雪などを想定して、全ての建物に対して基礎から部材強度に至るまでの全構造に対して構造計算を実施することで非常に高い精度で安全性を検証しています。つまり、数値で裏付けられた《安心・安全》が見える化されているのです。

©株式会社 エヌ・シー・エヌ

​2.耐力壁の壁強度は一般在来工法の“ 3.5倍 ”

一般的な在来軸組構法では、建物に加わる横向きの力を、筋交いによって強さを補っている壁で支えています。

一方、SE構法では、柱と梁の接合部の強さと耐力壁の強さのバランスを構造計算で検証しています。

SE構法の壁が在来工法と比べ3.5倍強いことで、3.5倍地震に強く、1/3.5の壁量で開放的な空間をつくることができます。

3.5枚分

​SE構法

在来軸組構法

また、地震や台風などで大きな力が加わった際、木材のゆがみや釘穴の広がりが生じてしまいます。

SE構法の耐力壁は、ゆがみや穴の広がりが少なく繰り返しの力にも耐力を保つことが可能です。

穴が広がることなく

耐力を確保できる

​SE構法の耐力壁

通常時の釘穴

​他の耐力壁

穴が広がってしまい

耐力が確保できない

​柱脚の耐力は、従来の約9.5倍

大きな地震による揺れが発生したときに、最も壊れやすい部分が柱と基礎の連結部分です。この部分が弱いと、大地震時に柱ごと引き抜かれて建物が大きく損傷します。

在来工法では、基礎と連結した土台を介して柱が取り付いているので、いくら金物で補強しても強度に限界があります。

SE構法では、「柱脚金物」という特殊な金物で、基礎と柱が直接連結しているので、その引き抜き耐力が大きく向上しています。その耐力は、実に在来工法の約9.5倍。地震など、横からの力による引き抜き現象に対して、圧倒的に強い性能を持つ柱を実現させています。

​SE構法の柱脚金物とアンカーボルト

​SE構法が耐震性能が高い理由

​1.構造部材として強靭な集成材を使用

SE構法の構造躯体に使用する木材には、全てコンピューター制御による高精度プレカットで加工される【JAS 構造用集成材】が使われています。

無垢材は自然素材が故に強度にばらつきがあり、構造計算には不向きな素材です。しかし、構造用集成材は、強度や性能が明確であるため構造計算が可能となり、どの部分にどの部材を採用するかを安心して決めることができるのです。構造用集成材の採用は、SE構法を耐震性に優れた構造躯体にするためのとても重要な要素となっています。

​2.高い耐久性を持つ独自のSE金物

​断面欠損が少なく、地震に強い“ 接合部 ”

一般的な木造住宅は、接合部に柱や梁をホゾ継ぎするため、

断面欠損をまねき構造材本来の強度を低下させてしまいます。

SE構法は、大きな揺れに対して接合部が破壊されない技術を追求し独自開発のSE金物を使用した断面欠損の少ない構造よって柱と梁とを接合し、優れた耐震性能を実現しています。

断面欠損が少ない

過大な断面欠損

​SE構法の接合システム

​在来工法による断面欠損の例

​資産価値のある家づくり

​1.長期優良住宅

長期優良住宅というのは、国が「これは長きに渡って価値の減ることのない、優良な住宅です」と認定した家のことです。認定されるということは、客観的証明となり、いずれ売りたくなった時にも「資産価値が高い家」として高い値段で売ることができるのです。また、税金や住宅ローンなどで優遇が受けられるというメリットもあります。手続きに関しても、こちらでサポートいたします。

​2.スケルトン&インフィル - 世代を超えて永く住める家

せっかく長期優良住宅で家の寿命が延びても、家族構成の変化に合わせて住まいも変化できなければ、長く住むことはできません。ライフスタイルの変化に応じて間取りを変化させるのが、「スケルトン&インフィル」の考え方です。

躯体や基礎、外壁などの構造部分《スケルトン》と、内装や設備、間仕切り壁など《インフィル》を分け、リフォームによって間取りを大きく変えていくことができます。資産価値の向上につながる、SE構法の性能の1つです。

インフィル

スケルトン

保証体制

​最大20年の構造性能保証

SE構法では、安全性を担保した家に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行しています。厳しい基準のもと、構造躯体に起因する建物の損傷を保証します。

SE住宅性能保証は、完成引き渡しから10年間無償保証。

さらに10年間の保証延長が可能です。

​設計室コンフォルタは「SE構法登録施工店」です。

SE構法は、独自の施工管理技術が必要となります。試験に合格した「SE構法施工管理技士」が在籍し、一定の技術水準を有する施工店のみがSE構法の建物を施工します。

設計室コンフォルタは、SE構法登録施工店です。

SE構法でお客様の思いのままの家づくりをしっかりと実現いたします。

SE構法をお考えのビルダー様へ

設計室コンフォルタでは、SE構法をお考えのビルダー様へSE構法登録施工店としてサポート致します。

SE構法&PASSIVE DESIGN

​TOPページ

設計室コンフォルタ

〒712-8043 岡山県倉敷市広江 1丁目3-9

Tel 086-454-3800 Fax 086-450-0008

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Tumblrの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル