オモイをカタチにする注文住宅

注文住宅は、なんといっても自由度の高さが最大のメリットです。

設計室コンフォルタは、お客様のご要望をひとつでも多く実現させたいという思いから、設計自由度の高さと耐震性能を合わせ持った【SE構法】を採用。さらに、私たちの社名の由来でもある「komforta=快適、居心地の良い」をコンセプトにひかりと風を大切にした屋外と住まいのつながりのある空間づくり【パッシブデザイン】にこだわり、住まう人の想いや愛情をもってひとつひとつ形にしていきます。

​耐震構法-SE構法

現在の建築基準法では、2階建以下の木造住宅への構造計算が義務化されていないですが、お客様に安心・安全な家で永く暮らしていただくために、大規模な建築物と同じ構造計算により検証された家づくりをしています。

設計室コンフォルタでは、耐震構法 ー SE構法 を採用しています。

​パッシブデザイン

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、建物の周りにある自然エネルギーを最大限に活用して、1年を通じてストレスなく快適に暮らせる住まいづくりをしようとする設計思想・手法のことを言います。自然エネルギーを利用した、「冬を暖かく、夏を涼しく、自然の光で明るい」家づくり、光熱費(ランニングコスト)の削減につなげることを考えた家づくりをしています。

パッシブ5項目.png

断熱・気密

日射熱利用暖房

日射遮へい

自然風利用

昼光利用